タイの会社設立・会計税務MiTSUKi

現地情報:みつき税理士法人グループ

お問合せ
現地情報
現地情報
タイの気候
バンコクは、年中高温多湿です。4月に最高気温は40℃程になり、最も涼しい12月でも最高気温は25℃程です。最も暑い時期は、タイの旧正月であるソンクラーンの時期でもあり全国各地で水かけ祭りが行われます。雨季と乾季に分かれおり、6~10月の雨季には雨が多く、12~4月の乾季は雨が少なく、空気も乾燥しています。雨季といっても一日中雨が降るわけではなく、1日に2時間程のスコールが降る以外は晴れていることも多いです。タイで良く話題になる洪水は雨季の終わりの10月頃がピークになります。

 

タイの地理
タイはインドシナ半島の中央部に位置し、北西部から西部にかけてはミャンマー、東北・北部はラオス、東南部はカンボジア、南部はマレーシアに接しています。面積は約51万㎡、日本が約37万㎡のため約1.4倍です。中央にはチャオプラヤー川が流れています。
バンコクはタイの中心部に位置しており、日系企業の進出はバンコク及びその周辺の工業団地に集中しています。
タイの交通
バンコク市内は交通が非常に発達し、BTS、地下鉄(MRT)、タクシー、バイクタクシー、バス等の交通機関でほぼ全ての場所に行くことができます。BTSとMRTは現在も延伸工事中で市内からバンコク近郊への移動は今後さらに便利になります。空港から市内までの移動もエアポートリンクが稼働し、空港から市内までのアクセスの選択肢も増えています。
値段も日本に比べると非常に安く、タクシーの初乗りは35Baht(約100円)です。
ただ、交通渋滞は頻繁に起きているので注意が必要です。特に多くの会社の給料日である月末は交通渋滞が激しくなり、月末と金曜日が重なった日の夕刻以降は最も酷くなります。

 

タイの病院
日本人が主に利用する病院はサミティベートとバムルンラードの2病院です。この2病院の医療費はタイ現地の水準からすると非常に高価ですが、医療水準は高く、日本人窓口があり、急患でも日本語通訳がつきます。海外旅行保険等の医療保険に入っていれば、キャッシュレスで医療サービスを受けることが出来ます。分娩室の見学会を頻度多く行っており、保険は利用できませんが日本人のタイでの出産のサポートも積極的に行っています。
バンコクの住居
住居の選択肢として、アパート、サービスアパート、コンドミニアムがあります。日系企業が集中しているアソーク地域は非常に高く、そこから離れるに従って値段は下がっていきます。バンコク市内はコンドミニアムの建設が断続的に行われています。日系の不動産会社では日本人から日本語で紹介を受けることも可能です。値段の安い物件は日系の不動産会社は紹介していないケースも多いですが、直接その物件まで足を運び空き部屋があれば、その日から契約することも可能です。ほとんどの部屋に家具は付いているため、引っ越しにかかる手間や費用は日本に比べると少なく済みます。

 

バンコクの食事
バンコクは国際都市であり、世界各国の料理を食べることが出来ます。特に日本料理はタイでブームになったことから、日本の有名チェーン、タイ資本の日本食チェーン、個人で経営されているレストランまで様々です。ショッピングモールのレストランフロアは、1/3以上が日本食レストランという所も少なくありません。日本食の値段も日本と同等もしくは安い所も多く、他のASEAN諸国に比べ安価で食べることが出来ます。スーパーも日本の食材等を輸入し販売している所は多く、選択肢も豊富で他のASEAN諸国の日本人がタイまで調達に来るケースもあります。日本人が長期で滞在する場合も食事に困ることはなく、過ごしやすいと思います。